鼻の表面上に固まった角栓はどうする?自宅でケア?皮膚科でケア?

      2017/02/05

女子

あなたは他人に鼻の表面を自信をもって見せられますか?

まじまじと間近で、じーっと。なんて想像しただけで嫌ですね(笑)

そんな他人に見せるなんて絶対無理な鼻の表面をあなた自身はしっかり見ていますか?あなたの鼻の表面上には白く固まった角栓があるはずです。

 

“鼻の表面上にできる角栓はスキンケアに問題があるかもしれません”

触るとザラザラしていて、いつも皮脂が出ているような状態。

押してもなかなか取れず、爪でひっかいてしまうなんてこともあるかもしれませんね。表面上とはいいますが、実は毛穴は入口はとても小さく、中は大きくできています。

その大きな毛穴に古くなった角質や皮脂が徐々に溜まり、そこにメイク汚れや雑菌が混じって固まったものが角栓

鼻の表面上に見えている固まった角栓は毛穴の中からどんどん押し出された結果、顔をだしたというわけなのです。そのままにしていると、その顔をだした角栓は乾燥し、さらに硬くなり酸化して黒ずんでしまいます。

毛穴パックで一気に取る方法もありますが、開いてしまった毛穴が元に戻る前にまた皮脂を分泌して角栓が詰まる可能性もあります。

毛穴の炎症にもつながるので完全な解決方法とは言えないんです。

鼻の表面上に見えるほど固まった角栓は、過剰に分泌してしまうオイリー肌が原因。オイリー肌とはいっても、実は過剰な皮脂の分泌には乾燥が関係している可能性も。

10代の頃はまだホルモンバランスが安定しないことがほとんどですが、20代になってからのオイリー肌はスキンケアに間違いがあります。

肌に合わない化粧品や日々の間違ったスキンケアで肌の内面が乾燥し、肌を守るために皮脂を過剰に分泌してしまうのです。また、皮脂がでることを気にして頻繁に洗顔したり、皮脂を拭き取ったりも乾燥につながります。

これからは過剰に皮脂を拭き取ることはしないことと、スキンケアに気を付けましょう。低刺激で肌に優しいものを中心に選び、丁寧なスキンケアを心がけるだけで、固まった角栓は改善されます。

そして、スキンケアの中で最も意識してもらいたいものは「クレンジング」です。

 

鼻の角栓はクレンジングでケア

石油系界面活性剤がはいり肌を刺激してメイクを落とすタイプが多く、それだと乾燥や肌荒れをおこしてしまいます。

いくら良い化粧水や美容液を使っても、クレンジングが合わなければ鼻の角栓もよくなりません。クレンジングには多少のお金をかけても、肌を良い状態に保つだけの価値があります。

皮脂や汚れ、雑菌のかたまりが顔を出した鼻の表面上も、皮脂の分泌で悩んでいたことも、クレンジングで改善できます。

 

肌表面の角質をケアするならケミカルピーリングもオススメ!

角質をケアするという意味ではケミカルピーリングもオススメ。ケミカルピーリングは肌に酸を塗布し、肌に不要な角質を溶かします。ターンオーバーを促し新しい肌の生成を促進するので、ニキビやシミの改善を目的とした治療によく用いられます。

ケミカルピーリングは全国各地の皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックなどで行われています。詳しくは以下のサイトを参考にしてください!

東京のケミカルピーリングを行っている皮膚科

 

 - 角栓