鼻の角栓が取れない時の対策|洗顔・パックよりも確実な方法

      2016/05/15

エステ

「鼻パックも洗顔もマメにしてるのに、一向に鼻の角栓が取れない。。」

なにも洗顔やパックだけが鼻の角栓に有効とは限りません。

 

鼻の角栓が取れない時の対策

パックは注意が必要

鼻パックは行った瞬間は角栓がスッキリして気持ち良いでしょう。

ですが数日経つと、また元に戻った、むしろもっと鼻の角栓が酷くなった。そんな経験ありませんか?

そうなんです。鼻パックは一見、角栓対策として効果的に思えますが、状態をより悪化させてしまうことも。

強い粘着力で肌に必要な角質まで剥がしてしまうだけでなく、開いた毛穴が元に戻らなくこともあるので、使用には注意が必要です。

また、「鼻パックで角栓が取れないのなら、毛抜きで取ってやろう!」なんてのはもってのほかです。仮に角栓が取れたとしても、毛穴がポッカリ開いた状態のままになったり、肌を傷つける恐れが大きいです。

「角栓が取れない」「ムリヤリにでも取りたい」という考えはやめましょう。もっと確実で穏やかな対策を後ほど紹介します。

 

洗顔のやり過ぎにも注意

角栓は角質と皮脂が混ざり合ったもの。

「それなら洗顔で角質も皮脂も洗い流せばイイじゃない!」

角質も皮脂も余分になければ、もちろん角栓はできにくいかもしれません。ですが、お手入れのやり過ぎは肌トラブルを招く原因です。

たとえば、テカテカが気になるからと洗顔でサッパリしたとしましょう。そして時間が経ち、またテカリが気になりだし再び洗顔。これを繰り返していたらどうなるでしょう?

一向に皮脂はおさえられませんよね?

皮脂は「これ以上、肌から水分が蒸発するのを防ごう」と分泌されるもの。もっと言えば、肌から出る天然の保湿クリーム。取り過ぎると乾燥の原因となります。

そして乾燥肌の人ほど、角栓ができやすいです。なぜなら乾燥した肌は弾力がなく、皮脂がこびりつきやすいため。

乾燥肌の方は皮脂を取る行為をやめ、保湿に力を入れることをオススメします。そうすることで、角栓のできにくい肌に一歩近付けますよ!

また、角質ケアといえばスクラブ洗顔があげられますが、コレも気をつけた方がイイです。

スクラブ洗顔は古い角質が取れ、肌がツルツルになるかもしれません。ですが、そのツルツルな肌触りがクセになって頻繁にやってしまうと肌がボロボロに危険性があります。

適度なら良いですが、使用回数にはくれぐれも気を付けてください!

 

それじゃどんな対策をしればイイの?

「角栓が取れないと悩んでいるのに皮脂を取り過ぎたらダメ、角質も取り過ぎたらダメ、それじゃどんな対策があるの?」

大丈夫ですよ、ちゃんと鼻の角栓対策はあります。それは、洗面所にあるアレを使った方法です!

続きを読む!

 - 角栓